学習

この間の会議・研修

16日から更新が遅れてしまいました。この間の会議や研修についてまとめます。

18日議員セミナー 京都にて。議員団3名参加しました。

午前は「議員報酬」について 午後は「議員定数」について広瀬和彦氏のお話しを聞きました。

熊取から11名参加しました。(定数14名)

12742391_959045424181524_5108037809788657790_n

19日熊取社会福祉協議会との懇談

社協の歴史、現状、課題を説明され意見交換しました。「福祉」と一般的に言われる分野を少ない人数と予算で請け負わされている状況です。次は介護保険から追い出された地域総合事業への取り組みも加わってきて行政の仕事や国のやるべきことまで社協にまわってきているように思ってなりませんでした。議員として社協の活動についてもチェックし支援が必要だと思いました。

19日午後 議員全員協議会

藤原町長を前にして初めての議員全員協議会が行われました。

①土地の交換について

商工会駐車場の一部を道路に。 代替え地として、役場駐車場奥の土地と交換。

②平成27年度人事院勧告への対応について

③小規模な通所介護の地域密着型サービスへの移行等について

④年金生活者等支援臨時福祉給付金及び平成28年度臨時福祉給付金の概要について

⑤学童保育所の指定管理者制度の導入について

平成29年4月1日かわ指定管理者制度の導入 指定期間は5年間

⑥「永楽ゆめの森公園」の管理運営について

平成29年より指定管理者制度の導入

駐車場の有料化

⑦その他

①南部大阪都市計画熊取駅西地区等地区計画の区域内における建築物の制限について

 

19日 議員総会

①3月議会にむけて

予算審査委員 3人会派調整  熊取共産党議員団から坂上みきお団長が担当する。

 

 

農家のための新春学習交流会…農民組合

12742446_955478027871597_1209644608307204810_n「農家のための新春学習・交流会」が日根野で行われました。

農業委員でありながら、農家の確定申告にむけて私も知っておかなければと思い参加しました。

我が子がお世話になっている北川農園のご夫人のお隣に座りました。

講師の竹島茂直さんは大阪農民連税対部長ということで、わかりやすくお話しされていました。

農民組合にはいると税金対策などの情報がはいり、とても記入しやすい「税金ノート」が会員のみ手に入るということです。ぜひお知り合いの農家さんに広めてほしいと訴えられていました。

私が今回お話しを聞いて一番勉強になったのは、

お米を作っている農家は、所得や年金なので持ち出しが多くなっている。赤字なので申告しない方がいるが、必要経費を書き出すことでマイナス分を他の所得の金額から控除できること、必要経費の出し方(按分・減価償却・メモ)など「国税通則法」など税法を知っていることが大事だということです。

また、確定申告⑨の「所得金額の合計」が国保料の計算に大きく左右されるので専従者給与として扱うなどのお話しもありました。

資料もわかりやすく作られていました。

12715253_955425237876876_4942104647873579029_n

 

マイナンバーと社会保障 … 大阪社保協

dsc_3245昨夜、「マイナンバーと社会保障」について、大阪社保協主催で学習会が行われました。

講師は黒田充氏です。

夏の自治体学校でもお話しを聞きましたが、番号通知後のお話しなので、とても勉強になりました。

短時間の講演でしたので、基本のところは本を読んでほしいとのことで、マイナンバーについては推進側も反対側も勘違いがひどいのでぎろんにならないので、しっかり勉強してほしいとの前置きがありました。

個人のデーターを集めて、その人の将来予測がわかる…。

(例えば現在ではアマゾンで本を購入した人はどんな本に興味があるのかをみて次の本の紹介をするなど)

そこからマイナンバーのデーターを拡大すると、資産や所得の把握、社会保障給付の制限などに利用される危険がある。

ドイツでは二度とリストを作らせない動きがある。それはナチスドイツの国政調査で障がい者の安楽死がおこなわれた歴史の教訓からできている。

日本は民主党時代管氏が思い付きでやったわけではなく、自民と官僚政府がもともと持っていたものであること。骨太2001にもある。

憲法に基づく個人的人権である社会保障を「見返り論」「保険原理」の徹底を行い、国家責任(公的責任)公的責任を縮小し社会保障の削減につなげる動きの手段としてのマイナンバーで個人情報を集めプロ外リングし人を選別のために使うことになる。

マイナンバーに保険証が付くことにより危惧されることなど予想される事例とともにお話しがありました。ロードマップでは2018年段階的導入 2020年本格運用開始。個人の生活実態などの事情を無視したデーターによる対応になる。

(取り組みでの勘違い)

・通知番号受け取り拒否しても、政府はこまらない

・番号を書かなくても、役所はしっている

・住基ネットに基づいてマイナンバーがつくで、住基ネットが失敗している導入されるものではない。

今後

マイナンバーを健康保険証にしない運動を!

議員団主催の学習会を企画!

3月19日土曜日に煉瓦館コットンホールにて、日本共産党熊取町会議員団主催で学習会を行います。

テーマは、「我が町の暮らしと財政」

講師は、自治体問題研究所 初村尤而氏

熊取町の財政分析と課題について。

大阪社会保障推進協議会 寺内順子氏

大阪府下の市町村と比べて熊取町の状況は?

午後1時半スタートで行います。

少し先ですので、予定に入れておいてくださいませ。

大阪社保協 国保の勉強会

11205605_948107571941976_3151631818890583818_n「国保都道府県単位化を学びどうたちむかうかを考える」

大阪社会保障推進協議会 事務局長の寺内さんのお話しを聞いてきました。

全体的に熊取町は毎年赤字、基金の積み上げもないので、残念ながら値下げ運動には条件がそろっていません。

しかし大阪府は保険料の統一化を狙っているようです。

続きを読む

ワードプレスのお勉強

12644851_947628381989895_2210361885022441663_nこのWebサイトが充実するように、本屋さんに行って買ってきました。ページを増やし議会報告のページやプロフィール、今までのHPやブログともつなげるようになればいいなっと思っています。

続きを読む

大阪府南部地区議長会議員セミナー

平成27年度 大阪府南部地区議長会議員セミナーが田尻町総合保健福祉センターで行われました。

12644910_946623758757024_1253022718695243819_n 田尻町小川議員 1915343_946623778757022_4123976310588047880_n講師森裕之先生

講師は、立命館大学 政策科学部教授の森裕之氏です。

テーマは「地方創生」~人口減少時代の自治体財政~

続きを読む