くまとり

2019年10月6日 あかはたカーでの訴え

消費税が1989年4月に税率3%で導入されてから30年半です。税率は5%、8%と引き上げられてついに2桁に突入し、家計の負担に重くのしかかっています。

 

増税の日を迎えても、国民の多くは増税に納得していません。複数税率やキャッシュレス決済のポイント還元など、増税と同時に導入される複雑な制度への理解と準備も進んでいません。コンビニや中小商店がキャッシュレス決済でのポイント還元を実施するには専用のレジの購入や参加登録が必要ですが、参加店舗は対象の約4分の1の50万店舗程度にとどまっています。多くの中小商店は手間と費用をかけて参加登録するか、身銭を切ってでも商いを続けるか、それともこの際廃業するかまで考えざるを得ないところに追い込まれています。

 

複数税率の導入とキャッシュレス決済へのポイント還元が組み合わさって、コンビニや中小商店で現金で買うビールは10%の税率で、キャッシュレス決済で買うノンアルコールビールはコンビニなら6%、中小商店なら3%になるなど、税率は複雑極まりません。

 

増税によって、JRや私鉄の運賃、電気や水道、郵便の公共料金を含め、多くの商品やサービスの価格が値上げされます。家計にとって大きな打撃です。値上げの時期やタイミングが後ろにずれる場合もあり、上げ幅も増税分以上になる可能性もあります。

 

2万円で2・5万円分の買い物ができるなどとして、安倍政権が「低所得者向け」だと宣伝した「プレミアム付き」商品券の発行も、利用申請はまだ2割程度と低迷しています。増税前の駆け込み需要も低調でした。国民の購買力が落ち込んでいる中での増税強行は、暮らしへの追い打ちです。

 

しかも4年後の2023年10月からは、仕入れにかかった税額を証明する「インボイス」制度が導入されるため、これまで消費税が非課税だった零細業者も「インボイス」が発行できる課税事業者に登録しなければ、取引から排除される恐れがあります。消費者にも、中小業者にも、“百害あって一利もない”増税の強行です。

 

消費税の税収は導入から31年間で400兆円近くに上りますが、大企業や高額所得者向けの減税にほとんど消えました。消費税は社会保障や財政の立て直しに回るどころか、貧困と格差を拡大し、消費不況を招き、経済を停滞させています。

 

安倍首相の諮問機関、政府税制調査会は中期答申で、「消費税の役割が一層重要になっている」と主張しました。将来の再増税への布石です。財界からは、10%以上への税率の引き上げを求める声も上がっています。消費税の減税と廃止を求める、新たな運動が必要です。

 

みなさん、政治のことをわかりやすくかいてある、日本共産党の「あかはた新聞」をお読みください。くらしのご相談・熊取町へのご要望はお気軽に、わたくし江川けいこへとお寄せください。よろしくお願いしまして日本共産党の訴えをおわります、

 

 

平成30年度決算  反対討論

平成30年度決算  反対討論 共産党議員団  20199.30

決算特別審査委員の坂上巳生男議員が日本共産党を代表して反対討論を行いました。

日本共産党熊取町会議員団を代表しまして、平成30年度熊取町一般会計決算、並びに国民健康保険事業特別会計決算に対して、反対の立場で討論いたします。

続きを読む

一般質問…熊取町9月議会

一般質問は5日の本会議で、行政報告の後から行われます。

1、文野 慎治  ① 「広報くまとり」について
② 「ひまわりバス」について
2、江川 けいこ ① 通学路の安全について
         ② 住環境について
         ③ 広報の配布について
3、田中 豊一  ①学校図書館と熊取図書館の連携について
②交通安全について
③会計年度任用職員の任用について
4、田中 啓介  ①選挙公報配布もれについて
②保育所の給食について
5、重光 俊則  ①幼児教育・保育の無償化への対応について
②会計年度任用職員の創設について
③学校教育の情報化の推進に関する法律の施行について
6、坂上 昌史  ①人工内耳外装装置の購入に対する助成について
②中学校のクラブ活動について
7、二見 裕子  ①防災について
②高齢者の移動支援について
③子育て支援について
8、鱧谷 陽子  ① 自治基本条例の制定について
         ②一人暮らしで家族のない方への支援について
         ③体育館のクーラー設置について

2019年度9月議会の予定

8月30日に議会運営委員会が開かれ、9月議会の日程等が決まりました。

令和元年9月熊取町議会定例会日程表

本会議 5日(木)・6日(金)・9日(月)・10日(火)予備日・30日(月)

総務文教常任委員会 17日(火)

事業厚生常任委員会 13日(金)

議会運営委員会 13日(金)13:30~

議員全員協議会 17日(火)13:30~

決算審査特別委員会 19日・20日・24日・25日予備日

13日の議会運営委員会終了後 都市計画特別委員会が開催される予定です。

 

6月議会が始まります…熊取町議会

熊取町6月定例会が行われます。

今日は議会運営協議会が行われ、日程、案件、質問順番等決まりました。

    日程

本会議  6月12日(水) 13日(木) 予備日14日  26日(水)

事業厚生常任委員会  19日(水)午前10時~
総務文教常任委員会  20日(木)午前10時~

議会運営委員会    19日(水)午後1時半~
議員全員協議会    20日(木)午後1時半~

熊取町議会 会派届け状況…2019年

選挙後、初の議員総会が行われました。会派の届け出けがあったのでご報告します。
(5月8日電話聞き取り)

会派名    議員名 (〇代表)

日本共産党熊取町会議員団   〇坂上みきお はも谷陽子 江川けいこ

熊愛         〇重光俊則 文野慎治

未来         〇浦川よしひろ 坂上昌史

創生くまとり      〇田中けいすけ 大林たかあき

新政クラブ       〇矢野正憲 河合ひろき

熊取公明党       〇渡辺豊子 二見裕子

維新         田中豊一

予定
5月15日(水)臨時議会  議長・副議長選挙 常任委員会等担当を決めます。

 

弘法池太陽光発電事業の説明会が行われました…熊取町

弘法池の太陽光発電事業について説明会が行われました。
51579870_2049204431832279_5150943368875868160_n2月8日には朝代区にて
2月9日には関空国際自治会にて
 両説明会とも印象的だったのは、住んでいる住民のことをまったく考えていない進め方に怒りがこもっていました。
事業概要は
 熊取町第3時行財政構造改革により、経費削減と収入の確保として、住民のご協力を頂きながら進めていきたいとのこと。町が所有するため池を活用し事業者から使用料(500万円/年)を得て、事業者が太陽光発電事業を行う計画を進めるとのこと。
 平成29年6月に事業の対象となるため池を選定
  満水面積1ha以上のため池 22か所
  車両進入路
  設備設置用地
 この3点から 弘法池 免丸池 大谷池 大池 が対象となりました。
 平成20年6月から8月 4か所のため池に隣接する自治会長及び水利組合に事業者の募集に関わる事業説明
 平成29年10月5日~11月30日 事業者募集に承諾を得た弘法池の免丸池について事業者募集を実地
 協議を重ね 住民説明会となったとのこと。
両説明会に共通して出された意見は、
 景観や池の生態系が壊される。現在住み続ける住民の負担はどう考えているのか、これまでの説明がなく、事業者が決まってから説明になるとは、順番が違うのではないかと怒りがこもった様子でした。
 町職員は粛々と事業の説明を行っていて、1人の反対者に対しても真摯に対応する姿勢ではありましたが、なんとか説得するといった姿勢が見えていました。
想定外の災害が起こる今日、関西電力の買い取り期間、20年間を安全に過ごせる保障もありません。
「住民との協働」を施政方針としている熊取町として、この事業の進め方に納得いかないのは明らかなことです。
 この二日間の説明会で聞いた意見を参考に、他会派の議員と一緒に計画案の廃止に向けて働きかけたいと思います。 お疲れ様でした。

今年初めての駅宣伝

熊取駅にて、今年初めての駅宣伝を行いました。

朝の訴えは、

「おはようございます。日本共産党です。

今年もよろしくお願いします。

今年は選挙の年です。49778093_2004528126299910_7692959633194876928_n

安倍政治にサヨナラの年にしましょう。

たつみコータロー参議院議員と共に、消費税増税10%の増税ストップに全力をつくします。

12月議会報告の「くまとり民報」をお配りしています。

日本共産党熊取町会議員団は、みなさんの声を議会に届け、就学援助の所得基準見直しを断念させることができました。

また西保育所の民営化は白紙撤回させることができました。

引き続きみなさんの声を議会に届けて頑張ります。」

こころよくそばまで来て、ご挨拶やビラを取っていただきありがとうございました。

皆さんのご期待に応えるべく、頑張ります。

(写真は登校見守り時)