弘法池太陽光発電事業の説明会が行われました…熊取町

弘法池の太陽光発電事業について説明会が行われました。
51579870_2049204431832279_5150943368875868160_n2月8日には朝代区にて
2月9日には関空国際自治会にて
 両説明会とも印象的だったのは、住んでいる住民のことをまったく考えていない進め方に怒りがこもっていました。
事業概要は
 熊取町第3時行財政構造改革により、経費削減と収入の確保として、住民のご協力を頂きながら進めていきたいとのこと。町が所有するため池を活用し事業者から使用料(500万円/年)を得て、事業者が太陽光発電事業を行う計画を進めるとのこと。
 平成29年6月に事業の対象となるため池を選定
  満水面積1ha以上のため池 22か所
  車両進入路
  設備設置用地
 この3点から 弘法池 免丸池 大谷池 大池 が対象となりました。
 平成20年6月から8月 4か所のため池に隣接する自治会長及び水利組合に事業者の募集に関わる事業説明
 平成29年10月5日~11月30日 事業者募集に承諾を得た弘法池の免丸池について事業者募集を実地
 協議を重ね 住民説明会となったとのこと。
両説明会に共通して出された意見は、
 景観や池の生態系が壊される。現在住み続ける住民の負担はどう考えているのか、これまでの説明がなく、事業者が決まってから説明になるとは、順番が違うのではないかと怒りがこもった様子でした。
 町職員は粛々と事業の説明を行っていて、1人の反対者に対しても真摯に対応する姿勢ではありましたが、なんとか説得するといった姿勢が見えていました。
想定外の災害が起こる今日、関西電力の買い取り期間、20年間を安全に過ごせる保障もありません。
「住民との協働」を施政方針としている熊取町として、この事業の進め方に納得いかないのは明らかなことです。
 この二日間の説明会で聞いた意見を参考に、他会派の議員と一緒に計画案の廃止に向けて働きかけたいと思います。 お疲れ様でした。

SNSでもご購読できます。