大阪府南部地区議長会議員セミナー

平成27年度 大阪府南部地区議長会議員セミナーが田尻町総合保健福祉センターで行われました。

12644910_946623758757024_1253022718695243819_n 田尻町小川議員 1915343_946623778757022_4123976310588047880_n講師森裕之先生

講師は、立命館大学 政策科学部教授の森裕之氏です。

テーマは「地方創生」~人口減少時代の自治体財政~

「人口減少を緩和」していくことと、「地方行政の成長」という視点で、国が行う「地方創生」についての関連法との関連も含めて説明がありました。

消滅する自治体を公表することにより自治体に危機感をあおり、「地方自治法改正」などにより連携協約(自治体で約束で取り組む)や定住自立圏など進める方向であるとの説明がありました。今後、人口減による財政減を理由に選択と集中が交付税の中で行われる。平均して行政が行われるための交付金がトップランナー方式(お金がかかっていない行政にあわす)で交付税が計算され減額されていく方向であること。

補助金をもらおうと思えば、エリアを狭くして財政効果をあげるための立地適正化計画 DMO・CCRC圏域など計画を出し成果を上げなくてはならない。小さな拠点に定住自立圏、地方中枢拠点都市圏、コンパクトシティについても骨太方針とも関連があることなどお話しがありました。

また、公共施設の除却について「地方債」が使えるようになることも「地方創生」とつながりがあること。公共施設の統廃合など進めるためのものであること。などなど…。

今後の課題として、自分の自治体は何を求めているか。住民に投げかけながら住民とともに納得してもらえるものに。

今回は短時間で多くの話が合ったので全部理解できていない部分が多々あります。これから来年度予算にも関係することなので、学習を積み重ねていきたいと思います。今回、身近な田尻町で森先生のお話しを聞くことができて大変ラッキーな議員セミナーでした。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す