小垣内長生会 

小垣内長生会の会長に依頼されました。

熊取町では一般的に言われる「老人会」を「長生会」と呼んでいます。

数年前から会員減と高齢化により会長が決まらないとご相談を受けていました。

先日も、85歳の会長と84歳の元会長から呼ばれてお話しをお伺いしました。

私が町会議員であるので私が受けることで批判がでないかなどご意見を言わせていただき、私からも区長歴任された方にお電話し実情を説明し相談しました。

しかし調整つかず、とにかく会をつぶすわけにはいかないと引き受けることになりました。

名簿をみせていただいたら、ほとんど80歳以上であり私の両親の世代です。

12919731_988370281249038_2425408065037701751_n熊取町では住民参加という名で、60歳70歳代の力を借りて、住民参加事業やボランティア事業が盛んにおこなわれています。

活動の内容や目的が変わってきているように感じました。

古くからある地域コニュニティはどこも弱くなってきているように感じます。

これからのあり方も含めて課題が多そうですが、とにかく「小垣内老人憩いの家」にあつまる長生会のみなさんの知恵を借りながら、ここちよい居場所づくりで楽しい行事ができればと思っているところです。

明日は、第一番目の行事、連合会のお花見ですが雨模様で中止になるかもしれませんね。

ちなみに夫は、小垣内区福祉委員長に当たり夫婦二人とも大当たりです。

(写真は息子から 熊取町北川牧場にて)

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す